2018/03/20 17:06

水素添加など工業的な処理で生じる「人工トランス脂肪酸」毒性はないのですが、体内に蓄積して行く事で、老化が進むと考えられます。

本ブログの初めにご紹介したレソナ使用の67才の男性は、レソナで人口トランス脂肪酸の摂取量をコントロールしたことで、17才高校生にも劣らない肌の張りを実現しました。

シワとトランス脂肪酸の関係を皮膚の図で説明しますと、「真皮層」に入り込んだ「代謝を遅らせるもの」が、「真皮層を波状」にして、その上の「表皮にシワを発生させる」と言われております。皮膚は簡単に確認できますが、目に見えない臓器や血管もこれと同じことが考えられ、米国などでは国家としてトランス脂肪酸の使用を中止することになりました。

しかし、トランス脂肪酸のことはまだ完全に解明されたわけではなく、ようやく「人工トランス脂肪酸」と「自然由来のトランス脂肪酸」の分類が、農水省のホームページに示されました。

まだまだ未解明なトランス脂肪酸ですが、私たちは自分や家族を守るため、分かったところから、出来ることを、出来るだけ速やかに、すべきと考える次第です。




戻る             次へ